新規会員登録はこちら

カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


店長コーナー

ジオスショップ店長

ご来店頂きまして誠に有難うございます。WOC社のOPUS-7やアイサプリ、青汁・非常食など、美容と健康をサポートする商品を多数取り揃えております。是非一度、お試しください。

店長日記はこちら

Feed

  • RSS
  • ATOM
カラメルショップはこちら
GMOとくとくポイント使えます
ワックの歴史 縦調整 「WOC-i」「WOC-i Pro」との違い
ご使用方法と主な機能・特長 縦調整 眼精疲労と視力について
よくある質問 Q&A 縦調整 ご使用頂いたお客様の声
視力低下と子供の仮性近視について 縦調整 目を鍛えよう!
10px
◇視力低下と仮性近視について
30px
近視が多い現代っ子…視力低下は現代生活に適応した状態かもしれません。
20px
パソコンを使う子供たちの写真小・中学生の視力低下が急増しており近年の子供の視力低下は見逃すことのできない程の社会問題にまで発展してきています。
特に中学生になって急激に視力が低下する子どもが増えています。
「子供の視力低下の原因のほとんどは近くの物を見過ぎる事」
テレビやゲーム、パソコン、携帯電話が普及し、小さい頃から外で遊ぶことが少なくなった結果、近くの物を見る時間が多くなった生活習慣や、そこから来る目へのストレス(眼精疲労)が、視力低下を生んでいます。
50px
「仮性近視」の段階で回復させることが大事!
20px
目を近づけて勉強をする女の子の写真一般に言うところの視力低下には「仮性近視」と「真性近視」があり、「仮性近視」は本当の近視(真性近視)になる一歩手前の状態を言います。
毛様体筋が凝り固まった状態が長く習慣化されると元に戻らなくなってしまい、仮性近視から、真性近視に移行します。
この真性近視に進行した場合は、近視が治ることはありません。

目の筋肉のトレーニングによって、多少の視力回復はあるかも知れませんが、視力低下を完全に治すことはできません。しかし単に毛様体筋のコリが視力低下の原因ですから、この時期に眼科で適切な仮性近視の治療法によって視力改善する可能性は高くなります。
50px
視力低下を予防するポイントは、毛様体筋をつねに柔軟にたもつこと。
20px
毛様体筋とレンズ(水晶体)の説明図 ピントを合わすには、眼球の中のレンズ(水晶体)がふくらんだり伸びたりします。このレンズを動かすための筋肉が毛様体筋です。
近くの物を見る時は、眼球の中にある毛様体筋を縮ませレンズ(水晶体)を厚くして見ており、遠くを見る時は毛様体筋はゆるみレンズ(水晶体)が薄くなります。長時間近くを見る作業が続くと、この毛様体筋が過度に緊張して凝り固まってしまい、遠くを見ようとしてもゆるまなくなります。
これを調節緊張症(仮性近視)と言います。
そのため遠くを見る時でも、毛様体筋が凝り固まって水晶体をうまく薄くできなくなりピントが合わずに、物がぼやけて見える、遠くが見えない、学校の黒板の文字が見えない、となるのです。
50px
あきらめないで!視力低下は「予防」が出来るんです!
20px
両眼視簡易検査器D-5000 ワック社の製品は全国の眼科医導入率50%以上のシェアを誇り、「両眼視簡易検査器D-5000」は眼の筋肉の調節機能を正常に戻す機械で、一般的にワックと言う愛称で親しまれており、仮性近視や眼精疲労、目の疲れ等の治療に使われています。
「両眼視簡易検査器D-5000」は、視力回復センターなどにはなく、眼科医の適切な指導が受けられる眼科医院にだけにあります。
「両眼視簡易検査器D-5000」の中の美しい風景を5分眺めるだけで、遠くの風景を長時間眺めているのと同じだけの効果があります。
この遠くを見る望遠訓練によって、間接的に毛様体筋を刺激し目の緊張を解きほぐしピント調節の機能が回復して、視力低下の予防になり、眼精疲労の軽減や、視標を見る目は両眼ともまっすぐ前方を見ますので、読書などで内側に寄ってしまった視線を平行に保つ効果を持ちます。
50px
毛様体筋のトレーニングを行うと、とうぜん筋肉のコリはほぐれ楽になります!
20px
OPUS-7(オーパスセブン) 「OPUS-7」は眼科医に導入されているワック社の「両眼視簡易検査器D-5000」の基本原理を取り入れており、今まで眼科でしか施せなかった目のケアがご家庭で初めて可能になりました。
眼科に週に数回通うだけでは追いつかない状態になっている現在人の目の健康を考え、家庭用に開発されました。
「OPUS-7」と「両眼視簡易検査器D-5000」は同製造元ですので眼科での治療と合わせて、ご家庭で「OPUS-7」をご使用頂ければ、眼科での治療をサポートでき、より効果的に働きます。
目の周りの筋肉のコリをほぐす(目の筋肉のトレーニング)と言う事に焦点をあてた製品になりますので、視力が最近急に低下してきた小中学生、仮性近視と診断された小中学生、学校検診で視力低下を指摘された場合に有効ですし、お子様だけでなく、疲れ目や眼精疲労、スマホや仕事でパソコンを長時間使う方、目を酷使する大人の方、全般にご使用頂けます。
50px
ちょっと待って!メガネに進む前に、出来る事を!
20px
メガネをかけた男の子の写真 目は、酷使しないようにと思っても、どうしても酷使しがちです。
「意識して遠くの物を眺める」これは目(目の周りの筋肉)を休めるのには最も効果的になります。
都会で生活をおくるご家庭では、遠くの景色を眺めるのは難しい場合もありますが「OPUS-7」をご使用頂く事で、一回三分で、長時間遠くを見ているのと同じ状態にして短時間で効率よく目をリフレッシュできます。
子供、大人問わず、一日に何度でもご使用頂け、ご使用した後は、すっきりとし疲れが取れるのがご実感頂けます。
大人よりも子供のほうが視力回復できる可能性が高い為、導入は早ければ早いほど良く、また、継続して頂く事が何よりも大切です。
50px
現代の環境が、視力低下を促しているのは事実なのです!
20px
スマホ、ノートパソコン、眼鏡…机の上の写真 視力が落ちる原因の一つに、近距離のものを長時間見続けて、眼の回りの筋肉が凝り固まってしまう事が挙げられます。
仕事でもプライベートでも高齢になっても、テレビ、携帯、パソコン等、デジタル機器なしでは生活できない世の中となり、老若男女とも目は過酷な状況に置かれています。
急速なデジタル機器の普及に伴い現代人の目は酷使され疲労が蓄積し視力低下が進むスピードも加速しています!!
他にも、視力が落ちる原因は生まれつきの近視や遠視・乱視以外にも、遺伝や生活習慣などが関係したり、時間とともに進行する近視などが、視力低下の原因と考えられています。
50px
視力低下を進行させない生活習慣とは?
20px
ノートパッドを見る子供と母親の写真 ただ何もせずじっとしていても視力低下を防ぐことはできません。
視力低下を予防するには、生活習慣の根本的な部分を改善する事も非常に大切になります。
これ以上お子様の視力低下が進行しないように、親御さんとお子さんが一緒に意識して改善して行く必要性があります。
50px
視力低下を予防するには次の様なポイントに気を付けましょう!
20px
Point!● デジタル機器(ゲーム機、パソコン、タブレット、携帯、テレビ等)の長時間の使用を避ける。
● 机で勉強や本を見るときは30cm以上はなして背筋を伸ばし正しい姿勢を保つ。
● 睡眠不足を避ける(十分に睡眠をとり、規則正しい生活で体の状態を整えることが大切)。
● 寝転がってテレビを見たり、暗い場所でのゲームや勉強、読書は避ける。
● 特に目を使った後は、できるだけ遠くを見るようにする。
● 目の筋肉を鍛える事も大事ですが、目と同様に全身運動をする事も大切です。
50px
視力低下を予防するための、目を疲れさせない生活習慣の改善って中々、難しいですよね〜でも、意識して出来る事から実践しましょう!
20px
目じりを抑えて悩む男の子の写真 環境を見直して目を疲れから守りましょう!
しっかりした意識を持って取り組む姿勢と続けることが大切です!
目を大切にする生活習慣を今日からすぐに始めましょう!
50px
では、いかに視力低下を予防するか?
Point!視力低下の予防法はこれ!視力低下を予防するポイントは、毛様体筋をつねに柔軟にたもつこと。
その為に必要なのは、目の筋肉のトレーニングを行い、●毛様体筋の血行をよくする●毛様体筋を意識的に動かす
トレーニングにより毛様体筋の血行がよくなれば、とうぜん筋肉のコリはほぐれて目は楽になります。
オーパス・セブンならなら一回わずか3分で疲れ目にサヨナラ
短時間で効率よく目のコリをほぐし、リフレッシュする事が出来ます!
大切な目を守るために、目に負担をかけず酷使を防ぐ工夫と疲労回復のためのケアを意識して心がけましょう!
50px
OPUS-7が選ばれる理由 詳細はこちらをご覧ください
30px
オーパスセブン専属スタッフがご対応いたします!TEL:0120-947-879 メールでのお問い合わせはこちらへ
30px
2013.04.19
株式会社WOCからの重要なお知らせ


「OPUS-7」は、WOC社製家庭用健康機器の正統な商品です。
※類似商品にご注意ください。
30px
類似品にご注意ください!


ピックアップ商品